忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
前に帝君と鳳九ちゃんだけを纏めた動画が見たい!って書いたけど
あった!!( *´艸`)

しばらくトップに置いておきます♡




司命星君も混ざってのご一行動画もあるといいな。絶対面白いから!

PR
狐九が自分だと帝君が知らないと思い込んでいる鳳九ちゃんとそう思わせている帝君(笑)こうでもしなきゃ素直になれない帝君、可愛いです(*´艸`*)

狐九ちゃんを連れてある場所に行きます。そこは以前酔っぱらった鳳九ちゃんが行ってみたいと言っていた太晨宮の中の景色の美しい場所。ちゃんと覚えてるじゃないですか~(笑)。

「良い景色だな」ともちろん鳳九ちゃんに言っているのですが、狐の鳳九ちゃんは「?」。だって自分はただの狐だもの、誰に向かって言ってるの?そんなことはお構いなしに帝君は仙力で酒を取り出し一口飲むと「狐よ、飲むか?」と狐九ちゃんへ。狐九ちゃんが、飲めない~という動作をすると、なんと……!!

声を出して笑った!!!Σ(゚Д゚)

え、え!?

口元にやりとかふふ…んな表情はありましたが、声を出して笑うって初めて!?しかも
なでなでまで付いてる!!

人の形の鳳九ちゃんには塩対応なのに

狐九ちゃんにはめっちゃ甘い帝君……♡

場面変わっていつもの帝君の座所。酒の空容器が数本転がっていて帝君は酔ってお休み中…なわけ絶対ないのに(笑)、酔って寝ていると思った狐九ちゃんは人の形で現れます。帝君、と呼び掛けても目を覚まさない帝君を見てちょっと切ない心の内を語るのですが、切なさが高じて思わず

帝君にkiss…!!!!

と言っても鼻の先にちょっと触れただけですが(^^; それでも鳳九ちゃんにしてみれば一大事であり、うわーうわーうわーきゃああああ/////!!!の案件で、はっと我に返った鳳九ちゃん、慌てて逃げていきました。

帝君、もちろん気づいてますよ(笑)
静かに目を開け鳳九ちゃんの去った方を見るのですが、ここ大事
今までだったら面白そうに笑ったりからかうような表情をしそうな帝君が

すっごく真剣な眼をしているんです

何か鳳九ちゃんに対する自分の気持ちがはっきりわかったような、認めたような……だけど単純に両想いにならない事情が帝君にあって、それでこんな表情になるのかなと思うとすごく切ない……

ちょっとネタバレになりますが、今主役CPは結構しんどい展開になっていて、このふたり+星君の場面になるとほっとしたり、ふふ…と笑ったりして癒されてきたけど、話が進むにつれ帝君鳳九ちゃんCPの方に泣かされます…( ノД`)…

それは追々語るとして。
帝君にキスしちゃったことを嬉し恥ずかしそうに成玉元君に報告する鳳九ちゃん。お酒を飲み過ぎてぐっすり寝ていたのと言う鳳九ちゃんに対して元君は
寝たふりよ
帝君ともあろうお方がそんな隙を見せるはずがない(正解)
と鳳九ちゃん以外皆が思っていることを言ってくれます。さらに
帝君もあなたが好きだから寝たふりをしたのよ(大正解)
とまで言ってくれて、ありがとう元君!(笑)
冗談はやめてと言いながらも嬉しそうな鳳九ちゃん。そんな鳳九ちゃんの気持ちを知ってか知らずか、すましたお顔で竹簡を読みながら狐九ちゃんを膝に乗せなでなでする帝君、から場面は飛んで。

帝君の書斎で話をしている鳳九ちゃんと星君と元君。帝君が来るのに気づいて慌てて狐の姿に変化します。星君と元君には正体を明かしているというかバレているのに、何故帝君にはバレてないと思うのでしょうね(笑)。まあ今までの経緯を思えば、散々塩対応のだったのが急に甘々になったのはだからだわって思っても仕方ないか~(^^)

急用を思い出したわと言って狐九ちゃんを星君に押し付けてさっさと退場する元君と、押し付けられ狐九ちゃんを抱っこするはめになった星君…(笑)押し付けられながらも無意識に狐九ちゃんをなでなでする星君に帝君の冷たい視線

その狐が好きなようだな

連れて帰るか?

だからその目怖いから……(笑)

これ絶対嫉妬だよね、星君に嫉妬してるよね!?(≧▽≦)

美味しいシーン、ありがとうございます!!(笑)

鳳九ちゃんが星君と元君と話していたのは転生の話で、それはちゃんと帝君の耳にも届いていて「神仙にとって転生など意味もない。神仙の一生はひどく長いのだから——」と狐九ちゃんに語るともなく言います。これって何度生まれ変わっても同じ人と巡り合うっていう、原題の三世三生にかけてるのかな…?自分たちには三世三生など意味がないって思う帝君が切ない…(泣)

そしてそう言いながらも何かを思う表情をする帝君。
えーーーこの後どうなっていくんだろう…(結末知ってるけど)


鳳九ちゃんから必要な情報を聞き出した帝君だけど、四海八荒の大事以外に関心がない大らかな性格故(ということにしておきましょう・笑)特に鳳九ちゃんを追い出すことはなかったみたいです。

帝君と星君が話しているところへ鳳九ちゃんがお茶を運んできます。その所作をじっと見つめる帝君♡(言葉で言うほど色っぽくないけど;)「先日洗梧宮から出てきたな」と問います。洗悟宮は皇太子の住まいで、鳳九ちゃんも詳細は知らないものの、ちょっと訳アリな場所。それで答えに詰まっていると「あの方角は洗悟宮以外には誅仙台しかないが、誅仙台に月見に行ったか?」と鳳九ちゃんの行動を知っていながらすっとぼける帝君。イジワルです(笑)でも渡りに船とばかりにその話にまんまと乗っちゃう鳳九ちゃん。あの夜はとても月が綺麗で知らぬ間に誅仙台に行っちゃったみたいもうサイコーでしたよ九天は素晴らしいところですね月がとっても大きくて……と、後ろめたさの反動で饒舌に語るのですが、脇で星君がしょっぱい顔をしています(笑)。鳳九ちゃんも、あ、あれ…?となりますが、帝君は「気に入ったのならまた行くがよい」なんて言ってすまし顔(ΦωΦ)なんか変?と思った鳳九ちゃん、星君に(ちょっと~ちょっと来てよ~)と目配せしつつ退出し、星君も帝君をチラ見しながらそっと行こうとすると帝君に呼び止められ慌てて拝礼。この一連の流れ、ご一行そのもので本当に楽しい(笑)。場面は飛びますが、天宮の偉い神仙の法会に連れてって~とせがむ鳳九ちゃんに、招待状なしでは行けませんと星君。宮女として星君について行く司命星君の侍女ですウフッ(礼)いやいやいやダメです(拝礼)平気よウフッ(礼)まずいです(拝礼)平気だってウフッ(礼)………(拝礼)にこ(礼)のやり取り、最高です(笑)。

戻って。鳳九ちゃんの行動を先刻承知の上でからかいながらも「洗悟宮は物騒な所ゆえあまり行くなと伝えておけ」と肝心なことはちゃんと伝える帝君ですが、その後面白そうにフッと笑うのも帝君らしいです(*´艸`*)

お外で不安気な様子で星君を待つ鳳九ちゃん。その仕草と表情が可愛い♡それが全然嫌味に見えない女の子って珍しいですよ。鳳九ちゃんだからこそでよすねー帝君?(笑)星君が呆れ顔でやって来て、星君曰く、誅仙台は仙力が全く使えない忌まわしい場所。どんな神仙であれ避けて通る。そんな場所で月見など、帝君もあきれてますよ…

え、えっ…えーーーっ!?Σ(゚д゚lll)


ほっんと帝君イジワルですが、見ようによっては好きな子をからかって楽しんでいるようにも見えます(笑)。

さて、結局鳳九ちゃんに負けた星君に連れて来てもらった法会、そこで事件が起こります。主催の神さまが連れて来た神獣が突然暴れだし、鳳九ちゃんが大怪我を負います。急いで太晨宮に鳳九ちゃんを連れて戻ると、報せを受けた帝君が鳳九ちゃんのもとに。普段はゆっくりとした歩きの帝君が足早で(帝君比)

かなり慌ててる様子が不謹慎ですが萌えます♡


星君が何かやらかしても(ぇ)鷹揚な態度の帝君ですが、この時ばかりは厳しい表情でキッと星君を睨みます。神獣に襲われたと聞いて一層表情を厳しくする帝君。医師がやって来て、私が診ましょうと言うも「下がれ!」と一喝。

本当にスミマセン

この余裕のなさも萌えます♡


相手が神獣ってことで普通の怪我とはわけが違うのかな、ピクリとも動かない鳳九ちゃんをじっと見る帝君、その胸に去来するものは…?とふざけてる場合じゃなくて、帝君自ら己の仙力を鳳九ちゃんに注ぎ込みます。帝君の仙力で少し意識を取り戻した鳳九ちゃんが話そうとするのを黙らせ、再び目を閉じた鳳九ちゃんになおも力を注ぐ帝君、甲斐あって鳳九ちゃんの容体は安定します。けれど逆に帝君はクッっと苦し気な表情(萌え…略)やはり神獣に襲われた傷のダメージは大きくて、帝君と言えどかなりの仙力を必要としたのかな……それでも穏やかな表情になった鳳九ちゃんに安堵したような愛しいような優しい視線の帝君♡

(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)!!!!


普段表情が変わらない帝君だからこそ、こういうちょっとした表情の変化にいちいち萌えるんだ!だから中々先に進めない(笑)。

しばらくして目を覚ました鳳九ちゃんは、自分を助けるため帝君の仙力を消耗させちゃったこと、恩返しどころか迷惑ばかりかけてることにシュンとして、本気で太晨宮を去ろうと決心しました。けれど立ち上がるも全復していない体は人の形を保てず、九尾の狐になっちゃうんですよー!!CGなので最初ちょっと違和感あるけど、慣れるとこれはこれで可愛いです♡

ふらふらしながら何とか太晨宮の門を出ますがそこで力尽きます。
そこへ……来た来たきましたよーーー!!!
帝君が門から現れました(絶対陰から様子伺ってたよね~というタイミングの良さ・笑)そして狐になった鳳九ちゃんを優しく優しく抱っこ♡♡♡してお家に連れ帰ります(*´艸`*)もちろん狐ちゃんが鳳九ちゃんと知ってのことで、鳳九ちゃんを抱っこするのにもう躊躇がないのもありますが、狐の姿というのがポイント高いと思います!(断言)そしてさらに仙力を注ぎ、おかげで鳳九ちゃんは全快した様子。

そこへ星君がやって来て鳳九ちゃんが回復したことを聞くと安心し「もう青丘にお帰りになりましたか?」と聞くんですね。ところが何故か帝君それには答えず、ふふ…んとしたお顔。
星君 ん?んん…?
視線を横に向けると、ん?狐…?え……えーと…「…失礼します」

この従者でき過ぎでしょ(笑)

帝君のおかげで人の形に戻ることができた鳳九ちゃん。さっきまで本気で太晨宮を去ろうと思ってたのに「帝君に抱っこされてうっとりしちゃった♡きゃあ♡」などとひとり悶え中(笑)あでも恩人を騙すのはよくないわ、と思いながらも帝君の気配を察すると、狐ちゃんの姿に変化。

え、もしかして帝君は狐九=自分って知らないと思ってる?いやいやいやバレバレですが~なんですが、そこが鳳九ちゃんの可愛いところでもあるし、帝君も帝君で、鳳九ちゃんにそう思わせているみたいで(笑)でもってこの時とばかりに、狐九ちゃんに「来い」なんて手招きしちゃうんだよ!!

日本語訳はただの「来い」なんですがその言い方と表情が優しくて、これただの「来い」じゃないよね!?と思ったワタクシはわざわざ原文を探して翻訳機にかけましたよ(笑)そしたら……

こっちへおいで

的なニュアンスで、✟墓✟
さらにお膝に乗せた狐九ちゃんを、愛おしそうになでなで……

何なんでしょうこれ……(大量萌え投下で混乱中)

でもこれだけは絶対言える

帝君絶対もふもふ好きだよね?(笑)

前回のシーンです。
私の下手な文章よりこれを見れば何倍もわかるという……

司命星君の桃の花作戦は失敗したので今度は成玉元君が新たな作戦を立てますが、彼女の狙いは恩返しより乙女心のようで…(*´艸`*)

何やら怪しげな果実を食べてる鳳九ちゃん。ふわふわと夢見心地の足取りで、つまり酔っぱらっています。それもかなり。そこへ星君を探しに来た帝君。これは偶然なのか作戦通りなのか、うーんどっちだろう。

字幕って決められた文字数で表現しなくちゃならないからだいぶ意訳的で、原文と比べるとニュアンス違うってこと多々あるので基本私は吹替派なのですが、帝君の声や鳳九ちゃんの可愛らしい話し方が好きなのでこのドラマに限って言えばこのままでいいかな~。

戻って。
帝君を見つけて呼びかける鳳九ちゃん。それに対して「ん」と返事する帝君なのですが、この「ん」の言い方すごく好き!どう好きなのか上手く説明できないけど、耳に心地いい感じ?(語彙力…)

「ん」という返事はカジュアルなYESって感じ。会話の流れよって「わかった」とか「そうだね」とか、そういうのをひと言で表してるような。この場合は「ああ」っていうニュアンスっぽい(中国語全くわかりませんが・笑)

再び戻って。
酔っぱらっている鳳九ちゃんに「それを誰にもらった?」と聞く帝君。まあ酔っ払いがまともに答えられるわけもなく、えー誰だったかなあ、とひたすらご機嫌な鳳九ちゃんに「正直に言うのだ」とにっこり笑う帝君。いやその笑顔怖いから(笑)素面だったら怖気づいちゃいそうな笑顔にも相変わらずのご機嫌で、成玉元君かなあ~とニコニコ答える鳳九ちゃん。それを聞いた帝君、ちょっとの間。計画を見破ったようです(ΦωΦ)
そんなことに気づきもしない気にもしない鳳九ちゃんがちょこちょこと帝君の側に来ます。このちょこちょこがまあ可愛い(*^^*)鳳九ちゃんだからこそ許される可愛さです♡

で、所詮酔っ払いですから行動に統一性もなく、帝君も半分呆れ顔(でも去らない・笑)。果物をむしゃむしゃ食べていたかと思うと帝君をじーっと見つめいきなり帝君に抱きついちゃいます(*´艸`*)そして「帝君が好きです。とっても好きなんです」と言ってほおずりしちゃいます。この言い方がすごっく可愛いくて、これは原語で聞いて正解!その後もほおをすりすりする鳳九ちゃん(*ノωノ)

対する帝君。手で軽くいなして「言わなくてもいい。分かってる」って眉ひとつ動かしません。でも冷たいかと言うとそうでもなく、酔っ払いの戯言に付きあってあげてます。あれ、優しい?

太晨宮の景色が見たいと言う鳳九ちゃんに
司命と見に行けばよい。私のような年寄りの相手は無用だ(え、気にしてたの?・笑)
私はそなたの祖父の若い頃さえ知っている(どんだけの年の差!)
と律儀に答えるし、鳳九ちゃんが帝君の服の裾を引っ張ってもされるがまま。

どうしちゃったの帝君(笑)。


今まで枚挙にいとまがないほど近づいてきた女たちがそんなことしたら、絶ーーー対振り払うし、それ以前に捨て置くし、もっと以前に話さえしなかったでしょうに……(ΦωΦ)フフフ…本人に自覚なしっぽい様子が良いです♡

そんなふたりの様子を見ていた成玉元君と司命星君。
「私たちの出番はないわね。酔って本音を語る様子がとても可愛いでしょ?帝君のような年寄りでも(年寄って言うな・笑)胸がときめくはず」とさすがは三殿下のお相手だった元君。あまり男女の機微に敏くなさそうな星君も納得しますが、そこでまた余計なひと言(笑)。「三殿下もあの果実で落としたんですね?」と言って元君に怒られてます。やっぱり元君と三殿下のエピソード興味あるわ~(^p^)

なんて呑気なこと思ってたら

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

お姫様抱っこ——————!!!!

ひえーーーーー!!!!!

やばいやばいやばい!!!!!!

一気に背筋が伸びました(笑)が、無情にも次回へ続く……(>_<)

今はDVDで見てるからすぐに続き見ることできたけど、リアル放送で見てたら続き見るまできっと何も手につかなかったと思う……

ところでここまで書くのに2時間くらいかかってるんですよ。このシーンはせいぜい5分くらいなのに。文章書くのが下手なせいもあるけど、この場面の鳳九ちゃんの笑顔がすごくすごく可愛くて何度もリピしているせい。本来鳳九ちゃんってこういう天真爛漫な笑顔が似合う女の子なんですが、帝君に片思い中だから中々切ない表情が多いんです。そして片思い中だけではないこともあって……( ノД`)

それは後々のお話になるのでここでは置いておいて。

侍女に送らせると言いながら、結局酔って寝ちゃった鳳九ちゃんをお姫様抱っこして太晨宮に戻る帝君♡もう白浅と崑崙虚の関係なんていう大義名分いらないんじゃね?(笑)そこでグッドタイミング的に三殿下と遭遇します。帝君が姫抱っこをしているという、かなりレアな場面を見た三殿下はここぞとばかりに帝君をからかいます(ΦωΦ)フフフ…もちろんそれに動じる帝君ではありませんが、鳳九ちゃんの酔っ払い具合を見た三殿下が「失魂果(しっこんか)を食べた(食べさせた)ようですね( ̄▽ ̄)」と含みのある言い方をすれば、帝君、すごーく良い笑顔で「そなたの女に尋ねよ」と返します。ほんといい性格です。

大好きです(笑)

あと、数秒のシーンですが帝君の腕の中で酔って寝ている鳳九ちゃん、むっちゃ可愛いです♡

姫抱っこしたまま鳳九ちゃんを侍女のお部屋まで運ぶ帝君。そこには他の侍女もたくさんいるというのにベッドまで連れて行くなんて大胆…!というのは違うけど、他人の目というか、その後のことなんてなーんにも気にしないのが帝君らしくて好k(略)その場はお行儀よく下がった侍女たちだけど、一歩部屋を出たらそりゃもう大騒ぎするでしょ絶対!!!(笑)そいうのに無関心というか無頓着な帝君にいちいちキュンキュンしてるから、中々先に進まない…(;^ω^)

ベッドに寝かされた鳳九ちゃんが、ムニャムニャと気持ちよーく眠っている寝顔を見つめるも、すっと視線を逸らす帝君、今ちょっとドキッとした?という表情に見えたのは気のせいかなー願望かなーとニヤニヤしてたら、去り際にいきなり鳳九ちゃんに袖を掴まれ、キスする5秒前くらいに顔が接近してきゃあああ♡♡♡

鳳九ちゃんはもちろん眠ったままで、帝君の夢でも見ているのか「東華、東華」と帝君の名をつぶやき、幸せそうな顔をします(*ノωノ)鳳九ちゃんの帝君大好きがすごく伝わって、こんな可愛い鳳九ちゃんに帝君だって絶対心動かされるよね!!って思ってたら、その余韻もないままいきなり次の日の場面ですよ(笑)そこはもっと溜めて欲しかった……次の日は次の日で面白いけど(笑)

帝君に介抱されたらしいと知り、おずおずとお礼を言いに来る鳳九ちゃん。
「酔い覚ましの薬を2杯飲ませてくださいましたか?」
「いや3杯だ」
としれっと返したり
「この借りはどうやってお返しすれば…」
「引き続き恩返しに追加しても構わぬぞ」
とどうでもいいような感じで返しながらも、鳳九ちゃんが困惑した表情を見せると
「どうした。返したくないのか?」
「別にいいけどー」(こんな言い方はしていない・笑)
なんて、内心からかってるでしょ~なやり取りが面白いです。

話の流れで「私って若い頃の叔母上にそっくりだと言われます(*´艸`*)」なんて調子にのってプチ自慢しちゃう鳳九ちゃん。ふと何かを思いつく帝君(ΦωΦ)
さり気なく「崑崙虚にいた白浅はそなたよりずっと横暴だったと聞くぞ?」と白浅をdisる発言をすると「崑崙虚でのその話は叔母上から聞いてません」とつい口を滑らせちゃった鳳九ちゃん。すぐに失言に気がつきますが後の祭り。白浅=司音の確信を得た帝君は「私は噂話などせぬ神仙だ。故に案ずることはない」と余裕の笑みで悠然とお部屋を出ていきました…(笑)

恩返しなど無用だ、いつまでついてくると無表情だった帝君の表情が、少しずつ柔らかくなっていくのがこの先楽しみです。何十枚も上手な帝君に前途多難な鳳九ちゃんですが…(笑)
次のページ &gt;&gt;
Twitter
絶界演舞 DVD

絶界演舞・完全限定プレス盤
陰陽座
ブログ内検索
アーカイブ
  12    04    03    08    07    05    01    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03 
プロフィール
Author : ににぎ
Birthday: 秋の黎明
最新CM
[03/29 ハヤキ]
[01/12 どき]
[12/25 どき]
[09/23 どき]
[09/08 どき]
こっそり祭り開催中

罪の褥も濡れる夜 / 和泉 桂
cv 遊佐浩二 / 神谷浩史
LYNX CD COLLECTION



月と茉莉花 / 佐倉 朱里
リンクスロマンス



是 -ZE- 11 / 志水 ゆき
ディアプラスコミックス



交渉人は愛される / 榎田 尤利
SHYノベルズ



妖奇庵夜話 -空蝉の少年-
榎田 ユウリ
角川書店
バーコード
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI