忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
少し間があいてしまいました。
次回は今週末にでも今週中にあげられればな~と思っています…emoji
それまでちょっと自分用に神サマたちの世代を簡単にメモφ

まず最初に父神がいて彼が天界を纏めた?
そして、それを引き継いだのが東華帝君emojiと墨淵上神。世代的には父神の息子の墨淵上神がひとつ下になるかな。折顔上神もこの辺り。

その下の世代が白浅パパ(狐帝)。だから帝君が鳳九ちゃんに「そなたの祖父の若い頃も知っている」って言ってたのはそういうこと。
続いて今の天君。あ~んな顔して意外と若い(笑)。現天君は二代目で、帝君から天君を引き継いだ初代は折顔上神と白浅パパの間あたりかな~。

そして白浅とその兄たちがいて、三殿下もこの辺り?
で、皇太子、鳳九ちゃんと続く感じ。

   父神
    ↓
   帝君
    ↓
   墨淵上神 折顔上神
    ↓
   初代天君
    ↓
   狐帝
    ↓
   現天君
    ↓
   白浅 三殿下
    ↓
   皇太子
    ↓
   鳳九ちゃん
 
こうして改めてみると年の差感すごいなあemoji
でも神サマたちの年齢ってあってないようなものだから、ま、いいか!(笑)。

本家の影響か拍手・コメントをいただいていて、ありがとうございますemoji


※自分用メモなので本編記事を上げたら削除する予定です。
PR
本家emojiの方にすごい爆弾が投下emojiされてて思わず✟墓✟入りしそうでした(笑)。

前々回の記事を書いた後に、そう言えば帝君は面倒だとは言ったけど迷惑だとは言ってないよね と思い出して、うん、やっぱりねemojiとによによしておりました(ΦωΦ)
そんな本心を隠しつつ鳳九ちゃんを帰してしまった帝君、でもちゃんとその後のことを考えていました。

鳳九ちゃんが去った後、物語は主役CPの、こちらも辛い別れのお話が続きます。可哀そうではありますが、ぶっちゃけ内心は帝君と鳳九ちゃんの再登場はまだかな~と思いつつ見ていましてemojiそうしたら封印されている前翼王がまた異変を起こしたようで、印を結ぶ手元が見え、シュパッパパッと仙力がemoji

はっ!!Σ(゚Д゚)

て、帝君!!!emoji


うっかりしてたけど(ぇ)、帝君は四海八荒の大事以外は関心がないお方だったわ。そして今は最大の大事ごとだよ!だって前翼王は世界を破壊するアイテム持っていて、封印解けたら絶対使う気満々だもの(笑)。

仙力注ぐお姿とお顔カッコいいんだけど、星君とても心配しておられます…

帝君は鳳九さまを救うため 仙力の半分を失った……

その後多分 先日妖怪と戦いさらに今日封印に力を使って……と続けたかった思うけど帝君みなまで言わせず、でも素直に認め、HPを回復するのにお籠りするから、星君にはその間に運命簿を記してくれと言います。

実は星君は人間の運命を司る神サマなのです。そしてなんと!

帝君、人間界に行くというのですemoji

この神仙サマたち、結構人間界に行ってます(笑)。お気軽な観光気分で行くものから、重大な罪を犯して天上永久追放的なものまで理由は様々ですが、今回の帝君は自らの意志で修行に行くって感じです。人間界で苦難を経験しそれを乗り越えると仙力は増し、さらに格が上がるみたいな?(よくわかってないemoji間違ってたらゴメンナサイ)実際白浅は人間界に落とされ、それは彼女の意志ではなかったけど、結果愛の試練を受ける形になって、再び天上に戻ってきたときは、上仙から上神に昇格しています。

仙力はさておき、帝君今さら格上げってこともないでしょうし、仙力だって時間をかけて静養すればわざわざ修行しなくても回復するらしいのに何故人間界へ?なのですが

帝君の真の目的はそこに非ず(ΦωΦ)フフフ…

長らく天宮にいたあの娘の——(萌え間emoji

願いを叶えてやりたいと思う


言った!!

よく言った!!帝君!!!!!

きゃあああああーーーーーー!!!!!(≧∇≦)

神仙としての帝君の運命には愛情星emojiがありません。(理由は何度もしつこいようだけど後ほど…emoji)それ故、天上で帝君と鳳九ちゃんがどんなに想い合っても結ばれることはないのです…emojiだから人間としての運命に婚姻を書き込んでほしい、あの娘の願いを叶えるために…

ふあ~~~////////


星君、帝君の胸の裡を察し黙って従います(従者の鏡emoji

星君に運命簿を書かせ早く人間界に行きたいのに、皇太子が瀕死の重傷を負ったため、それを無視するわけにもいかず(笑)、なかなかお籠りできない帝君。前の記事で書いた天族の秘宝を教え、使い方も指南しなくてはなりません。鳳九ちゃんの命を二度救い封印の術まで使った帝君のHPはピコピコ赤点滅emoji状態で辛そうです。でもそんなお姿にも萌えemojiちゃうんです…emoji

皇太子の件も解決しようやくお籠りしたであろう帝君、あっという間に300年経ってました!もう神サマたちの時間感覚わかりませんわ(笑)。

一方鳳九ちゃん。青丘に帰った直後は色々悲しんでいましたが300年ぶりに登場した鳳九ちゃんは、赤いお洋服が似合って少し大人っぽくなっていました。でも精神的にはまだ大人になりきれてないemoji…かな。また面倒を引き起こします(笑)。

叔母上・白浅の誕生日に贈るものを思案している鳳九ちゃん。でも叔母上は何でも持っているし望むものは何でも手に入れられるし…と悩んでいるところへ従者の迷谷(めいこく)が。

迷「墨淵上神が目覚めるのが一番の望みでは?」
鳳「でもどうやって?」
迷「天族のお宝があってそれで皇太子も助かったとか」
鳳「それがいい!ちょっと借りてくるわemoji
迷「お宝借りるのは難しいかと…」
鳳「じゃあこっそり持ってくる!」

…………いやいやいや、こっそり持ってくるのはいかんでしょう(笑)。万一見つかっても叔母上は皇太子の許婚だから平気だし、何よりも天族の武神を救うことになるのよemojiってそういう問題じゃないし、迷谷も迷谷で、それもそっか!って…困ったちゃんたちですemoji

さっそくお宝がある皇太子の宮へ行く鳳九ちゃん。これも前の記事で書いたことだけど、人間だった白浅を蘇らせるため、皇太子は300年もの間、火emojiを灯し続けていたのね。そんなこと露知らずこっそり持ち出す鳳九ちゃん。けれど持ち出したはいいけれど、鳳九ちゃんも迷谷も使い方がわからない。もたもたしているうちに白浅に見つかってしまい、白浅はすぐに状況を把握しふたりを厳しく叱責します。

謝罪して責任を取ります と白浅に約束して返しに向かったはいいけど、どうやって返したらいいかわからず、帝君のお屋敷に行ってみる鳳九ちゃん。でもそこでもどうしていいかわからずうろうろしていると星君がお屋敷から出てきます。鳳九ちゃんに気づいた星君、にこっと笑顔。やっぱりふたりは仲良し~emoji時々は会ってたりしてたのかな?けれど鳳九ちゃんからお宝の件を聞いた星君、顔が一気に強張りますemojiそりゃそうだよね~…詳細を聞いた鳳九ちゃんもようやく事の重大さを思い知りました。おまけに火emojiは消えていて「終わった……」と呟く星君……

が!こんなところで萌えていいのかどうかなのですが(笑)

帝君は洞窟の中(お籠り中)助けられない

って、お籠り中でなければ助けてくれるんですか!?そうなんですね!!鳳九ちゃんのためなら一肌脱いでくれるんですね!!そういう帝君のお気持ちちゃんとわかってくれてるんですね星君!(^^)……こんなちっちゃなことでいちいちキャーキャー言っててスミマセン…emoji(でもまだまだ続くよemoji

何とか打つ手を考えてみます と言った星君は連宋殿下と共に皇太子の元に向かいます。殿下は皇太子に事情を話し、青丘の姫を許してやれと言います。

この辺りには大人の事情が絡んでいて、白鳳九はいずれお前の正室になる白浅の姪だし、青丘に恩を売ると思って許してやれと言い含め、また口には出さない裏の事情として、失った人間の白浅を300年も思い続ける皇太子を心配しつつ、このままでは白浅との婚礼にも差し支える…という思惑もあったでしょうね。

もちろんすぐには納得できない皇太子。許せないと言ったら?と詰め寄ります。

その時は東華帝君から陳謝していただきます

そ、そうなんだ!帝君が、あの帝君が鳳九ちゃんのために頭を下げる!?星君そんな安請け合いしちゃっていいの!?…と思っていたら星君

帝君は近々鳳九さまの願いを叶えるため人間界に行かれます

帝君の顔に免じて白鳳九をお許しください

帝君と鳳九ちゃんの仲を匂わせるような爆弾発言emojiかましちゃってくれました!!鳳九ちゃんが恩返しのため太晨宮を訪れていたことはすでに噂になってたんでしょうね(*´艸`)

あの帝君が女子を助けたんだって!
恩返し不要と言いながらずっと宮に置いているみたいだぞ
狐をめっちゃ可愛がってるらしいよニヨニヨ

なーんていう噂があちこちで流れ憶測されてたのかも(ΦωΦ)連宋殿下はばっちり現場を見ていますし、皇太子も噂くらいは耳に入ってそう。それが一番の側近である星君から改めて聞かされ、内心ああ…と思ったかもemoji深刻な場面だから顔には出さなかったけど(笑)グッジョブ星君!emoji

連宋殿下に説得され帝君の名前まで出されては皇太子も許さるざるを得なかったようです…(鳳九ちゃんちゃんと反省するんだよ)

門の外で不安気に待つ鳳九ちゃん。お咎めなしと聞いてほっとしますが、星君から「今後は自重してくださいよemoji」としっかり釘もさされます。そして「太晨宮の者以外怒らせてはなりません。さもないと私とて救いようがないのです」とやれやれという表情をしながらもすっかり世話焼きおじさん風(笑)。星君の口調が和らいだことに鳳九ちゃんも笑顔にemojiちゃっかり甘えどころ知っていますねemoji

さて皇太子の件も解決したし準備(運命簿)も整ったということで、いよいよ帝君人間界へ参ります。次は帝君と鳳九ちゃんの第二章です(*´艸`)
(トップの映像見られなくなっちゃったみたいなので下しました)

まず最初に、予想外にここを読んでもらえてたようで嬉しいです(*´艸`)拍手やコメントまで頂いてありがとう!です♡ちょっとでも興味を持ってくれたなら、お家にいるGW、全29巻58話一気見してみてはいかがでしょう(笑)。

帝君鳳九ちゃんの新たな章にいく前に、他の登場人物のことを語ってみます。

まずは三殿下こと連宋(れんそう)殿下。天君の三男でお気楽な立場、お気楽な性格のぼんぼんですが、憎めないキャラです。女仙人と浮名を流してたり、鳳九ちゃんを姫抱っこしていた帝君をからかったりと、笑いを誘う場面での登場が多いのですが、皇太子が人間の白浅と恋に落ちた時、ほぼ全ての神仙がそれを心良く思わない中、味方とまではいかないけど二人を気にかけてくれていました。実はいい奴なんですemoji

そんな殿下の おおっ…!という場面。
皇太子が瀕死の重傷を負い、天君が自らの仙力を皇太子に注ぎます。けれど皇太子が回復する気配は一向になく、このまま仙力を使い続ければ逆に天君の仙力が穢れ魔道に堕ちてしまう……という状況の中、連宋殿下迷わず天君の背後に回り、シュパっと仙力で天君の気を失わせます。後ろに倒れかけた天君を優しくもガシっと受け止め、皇太子も大事だが父上も大事ですと(`・ω・´)emojiとしたお顔、かっこいいですemoji(皇太子はその後、たまたま居合わせた折顔上神により一命を取りとめました)

皇太子絡みでもうひとつ。
人間の白浅を失った皇太子は一縷の望みをかけ、白浅に関わるものを燃やし続けることで失った魂を再び集めるという、天族の神器の火emojiを300年も守ってきました。ところが突然それが失われ、戻ってきたとき火は消えていました。再び火を灯そうにももう燃やすものがない……絶望し最後の手段で皇太子は自分の魂を燃やそうとします。皇太子の体から魂が抜けそうになった瞬間、連宋殿下の仙力がシュパっと炸裂しemoji魂を押し戻しました。からの壁ドン!
「素素(白浅の人間時代の名前)に関わるものは、もう私しかないのだ…」と号泣する皇太子に「息子のことを考えろ。母を失い今また父を失うのか!?……彼女のことは諦めろ…!」と殿下も涙で訴えるのですemoji

私の文章では上手く伝えられないけど、この時の殿下、かっこいいですよ。こういう姿を成玉元君に見せればいいのにね~(笑)。

ところで。
天族の神器、瀕死の皇太子を救う時にも使用されたのですが、その存在を教えたのが帝君emojiで、それがなくなったのは鳳九ちゃんが原因……emoji

それは改めて語るとして、次は素錦。
ここ の最後に書いた『自軍1万人を犠牲に~』は素錦の一族のことで、素錦は唯一の生き残り。その時子どもだった素錦は天君一家に引き取られ、皇太子と一緒に育った幼なじみです。素錦は幼い頃からずっと皇太子が好きでしたが、皇太子は女性一般に興味がなかったようです。素錦のことも好き嫌い以前に関心がなく、それでも王族の務めとして何事もなければ素錦と結婚してたかな。一種の政略結婚だろうけど多分素錦はそれでも良かったと思うの。一途は一途なんだけど、一途過ぎるのと、そこに頭の回転がいいのが加わって色々な(時にはえげつない)策略をする方向にいっちゃって、最後は自業自得的な結果になるんだけど、それは仕方ないと思いつつ、皇太子が幼なじみとしてもう少し、ほんのちょっとでも優しくしてあげてたら変わってかもしれないな~emojiでもまだ青い、ほんの7万歳の皇太子にそれは無理か~(笑)

同じようにもうちょっと優しくしてあげてれば、と思うのが翼王の離鏡(りけい)。封印されている前翼王の息子です。白浅が墨淵の弟子だった頃に白浅と出会い、一旦は恋人同士になりますが、その頃の白浅は修行やら何やらで忙しく離鏡はいつも放っておかれました(笑)。それで寂しくなった離鏡はつい他の子と浮気をしてしまい、運悪くその現場を白浅に見られてしまいますemoji白浅にあっさり振られた離鏡はやけくそで浮気相手の玄女(げんじょ)と結婚するのですが、気持ちはずっと白浅に向いたまま。白浅と話したいと思うも、ちょうど白浅が人間界に落とされ行方知れずの時で、会おうにも会えないのが離鏡の気持ちに拍車をかけます。これも一途なんですかね(笑)。
一方の玄女。彼女もまた一途でしてemoji離鏡は浮気でしたが玄女は本気emojiでした。自分が浮気相手と承知の上での結婚だけどいつかは振り向いてくれる…そう思ってたのに、旦那はいつまでたっても白浅を思い続けてる。この場合憎しみは旦那を通り越して相手の女にいくのは世の常ですよね~( ゚∀゚)結局それで玄女も身を滅ぼしていくのですが、離鏡がもうちょっと上手く立ち回ってくれてたら玄女は幸せでいられたと思います。離鏡の好感度はだだ下がりでしょうけど(笑)。

素錦も玄女も振り向いてくれない男なんか捨てて違う幸せ見つければいいのに~と思うも、そうはいかないも世の常なのですね…emoji

今度は白浅絡みでもうひとつ。以前書いたこれ。
叔母様・白浅と天君の第一皇子は結婚する予定でしたが、第一皇子と白浅の侍女がデキちゃって結婚の話はご破算に。親同士が決めた結婚で白浅自身は無関心だったとは言え、狐族のプライドにかけて許せない、二人を懲らしめてやる! と鳳九ちゃんは星君に天宮に連れてってと迫ります。
この件で第一皇子は天君の怒りをかい、皇子の身分からから地方の領主に降格されました。たかが女ひとりのために、とまわりに言われながらもふたりは愛を貫いて、今は3人の子宝に恵まれお腹に4人目もいて幸せに暮らしておりますemojiハッピーエンドがほとんどいないこのお話の中ではレアなおふたりです(*´艸`)

そもそもふたりがデキちゃったのは、もとはと言えば白浅のせいであって(笑)。第一皇子は結婚相手の白浅に挨拶するためちゃんと青丘に行ったのに白浅は知らんぷり。師匠を失ったり離鏡に裏切られたりで白浅も傷心だったとは言え、失礼っちゃあ失礼だよね(笑)。それでも第一皇子は何度も足を運び、その度取り次いでくれた侍女と顔を合わすうちに恋に落ちちゃうこともあるよねemojiだから鳳九ちゃん怒るのは筋違いだよ…最後にはちゃんとわかって許しているけど(笑)

離鏡や第一皇子とちゃんと向き合っていたら白浅の運命も変わってかもですが、こういうのがあって皇太子と巡り合うのも、また運命ですね。

ところでつい最近、中国で『陰陽師』が映画化されたという話題がありましたが、清明役は皇太子役のマーク・チャオが演じたとのこと。ビジュアルイメージは合ってそう…見てみたいです。
9話で出会って25話まで来ました。いよいよ第一部クライマックス……!!emoji

帝君を訪ねて折顔(せつがん)がやって来ます。折顔は狐帝一家と親しく、白浅を崑崙虚に送り込んだ張本人です。

前翼王の封印の件で来て、話の流れで鳳九ちゃんの話題になりますが、実はこっちが本題じゃないのと思ったり…(笑)こっそり隠れている狐九ちゃん、ピンっと聞き耳emojiを立てています。

「確か恩返しでこちらに来てたはずですが、恩返しは済みましたか?」と尋ねる折顔に「私に恩返しなど必要ない」と素っ気なく返す帝君。「その口ぶりでは鳳九が何か迷惑でも?」と折顔が重ねて聞きます。

帝君、ふとお茶を飲む手を止め少し考える風なお顔。そして……

少し面倒であった……って

ええーーーーーっ!?Σ(゚Д゚)

って思ったけど、ああそうね

心乱されちゃって面倒だってことね!(ΦωΦ)フフフ…

今まで四海八荒以外関心なかったのに、狐九ちゃんもふもふするし、狐九ちゃん傷つけた素錦には激おこemojiだったし、宮中の大事より狐九ちゃん大事だったりと、言ってることとやってること全然逆ですもの、そりゃ面倒に思いますよね~emoji

でもね、それを聞いた鳳九ちゃんは額面通り受け取っちゃってしょんもりしてしまいますemoji仕方ないよ…おそらく帝君が初恋の鳳九ちゃんは恋に真っ直ぐのまだまだ初い女の子、こんなめんどくさい帝君をわかれっていう方が無理だよ~emoji

帝君にとって私はやっかい者だったのね……とその場を離れる鳳九ちゃん。そこへ小生意気な皇太子の従妹の姿が……場面変わって寝ている(眠らされた?)のか倒れているのか、どこかの床に横たわっています。BGMもおどろおどろしい((;゚Д゚)) ガシャガシャという金属っぽい音に目を覚ますと、そこには奇々怪々な生き物が。

妖怪、だそうです。でも日本人が思い浮かべる妖怪とは違いますね~。古装劇なのに逆にSFっぽい。どこか機械っぽくてミサイルとか発射しそう(笑)BSRの元親あたりが作りそうなからくりっぽい(わかる人だけわかればいいです・笑)父神が残した九天の妖怪王ということですが、なんちゅーものを置き土産にしたんだ!(笑)

妖怪に追い詰められる鳳九ちゃん危うし!ってところでまた場面変換。折顔を見送った後に別のシーンを挟んで次に登場するのが皇太子の従妹を問い詰める場面なのですが、その間狐九ちゃんを必死に探してたでしょう~(ΦωΦ)フフフ…っていうのがすご~くよく伝わってきます♡

皇太子の従妹を問い詰めるのに

私は泣く女を好まない 聞かれたことだけ答えよ

口調は平静だけどこれもやっぱり静かに怒っているよね!emoji

こういうところほんとに好きだわemoji

そして妖怪のいるところに閉じ込められたと知るや否や、めっちゃ厳しい表情になって最速移動(ワープ!!)する帝君。鳳九ちゃん以外にはとてもわかりやすい帝君です(笑)

間一髪助けに間に合った帝君、真っ赤なオーラ全開です。鳳九ちゃんは 怪しげな仙力 と言ってますが、これはもう怒りMAXemojiemojiemojiですよね!(^^♪

妖怪ごときがこの私の前で無礼な

萌え台詞決めて(笑)、仙術で妖怪を封印しようとするのですが、仙力が強すぎるのか鳳九ちゃんまで巻き込みそうになり封印を解いて剣戟で戦います。これもちょっと私たちが思う殺陣と感覚が違うかな~。刀というより剣だよねって感じ。まあ中国ドラマだからそもそも日本刀持ってるわけないか(笑)。絶対的な力を持つ帝君ですが、前に鳳九ちゃんを救うため仙力を消耗しててキレが甘かったのか反撃されますがきっちり仕留めました。

傷を負い意識を失っている鳳九ちゃんをじっと見つめる帝君。それがトップに置いてある動画の停止画面の帝君で、もうお顔がね、鳳九ちゃんが愛しくてたまらない!emojiって感じなのよ( *´艸`)その一方で守り切れなかった己への不甲斐なさと後悔もあるんだろうね……

殺りんクラスタならわかってくれると思うけど、冥界編の兄そのもので~emoji「連れてくるのではなかった…!」と激しく悔やむ兄と同じ心境だと思うの。だからこそ非情な言葉を星君に言わせたんだと思うemoji

鳳九は面倒ばかり起こすので帰れ

気持ちはわかるけど、気持ちはわかるけど…!!鳳九ちゃんは何でも真に受けちゃうんだよ!!( ノД`)そんな言い方しなくても……emoji 鳳九ちゃんのためとは言え、帝君の気持ちも鳳九ちゃんの気持ちもわかる星君も辛いよね、きっと。「泣かないでください」と優しく慰めるも最後には「もうお帰りを」と…。もしかして一番辛いのは星君!?鳳九ちゃんと星君はいいコンビだったしね(笑)。

鳳九ちゃんももう我儘は言いません。「帝君によろしく伝えて」と言って帰っていきます。それを見送る星君、やっぱり寂しそうemoji

そして星君からの報告を静かに受け入れる帝君と身も心も傷ついて青丘に戻った鳳九ちゃん。この後ふたりが再会するまで、なんと300年も要するのです…!とは言っても神サマ的感覚ですが(笑)。それでもこの頃生まれた子どもが4~5歳になるくらいの年月ですから、そこそこ長いです。

これで帝君と鳳九ちゃんのストーリーは第一幕が終了です。再会はどういう形になるのか(知ってるけど)楽しみです(*´艸`)

ところで帝君に関する新事実が発覚。帝君は石から生まれたゆえ欲や感情がないそうです。

そうなんだ!!Σ(゚Д゚)

まあそれも鳳九ちゃんと出会ったことで変わったし、根本的事情は別のところにあるのですが。

あとねふたりには全然関係ないけど、私たちが中国の方を面白く表現するとき「アイヤー!」って使うけど、本当に言ってた!(笑)
帝君に行くなと言われながらもつい訳アリの皇太子の住まいである洗梧宮に行ってしまう鳳九ちゃん。そこには皇太子と恋に落ちちゃった人間の女が住んでいて、しかも妊娠しているということで天界に激震が走ったのですが、実はこの女性こそが叔母様の白浅なのです。前翼王の再封印の戦いのとき、相打ちの形で人間界に落とされた白浅は仙力も記憶も封じられたまま、人間として皇太子と出会い恋に落ちていました。

もちろんそんなこと知る由もない鳳九ちゃんは、叔母様に似ているな~ってだけでこっそり洗梧宮に行っていて、ある日洗梧宮のただならぬ様子を目にします。さっそく星君のところに事情を聞きに行く鳳九ちゃん。すっかり仲良しです(笑)。

星君が語るには、人間の白浅を目の敵にしている女仙人・素錦(そきん)との間に事件が起こり、それによって失明した素錦に皇太子が白浅の目を取って与えたとのこと。それが素錦の策略とは星君もそこまでは知らないのですが、それにしても自分の目を賭けてまで恋敵を蹴落とす度胸すごいです…

皇太子ったら酷い!!と義憤にかられた鳳九ちゃん、星君の話を聞くや否や駆け出しました。星君ハッとして

まずい また何かやらかすかも

って、鳳九ちゃんのことすっかり把握してますね~(笑)。

星君お察し通り鳳九ちゃんは洗梧宮に。一応こっそりなので狐に変化して様子を伺っていると、あの素錦が現れたので身を隠します。それまで皇太子の本心がどこにあるかいまいちわからなかったので白浅の前ではいい人ぶっていた素錦ですが、皇太子が白浅の目を取って自分に与えたことで皇太子の心は自分にあると思い込んだ素錦はいよいよ本性を現しました。白浅を見下す素錦に怒りを覚えた狐九ちゃんは門から出てきた素錦に噛みつくのですが、逆に振り払われ怪我を負います。打ち殺しておしまい!と怒る素錦の前に、わざとらしい咳払いつきで帝君登場~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー そして白々しく

私の狐が見当たらぬのだが知らないか?

なーんて聞くのよもう!!

私のって、私のって…!!!(≧∇≦)

そして素錦の侍女が首根っこを掴んでいる狐九ちゃんをチラ見して
一体誰が狐を傷つけたのだ?と静かに怒ってますよこれ……(萌え)
色々と言い訳をする素錦ですが、最後は観念して膝を折ります。キッと厳しい視線を向けてた帝君は一応怒りを収めた様子、けれど言うことはきっちり言っておく(笑)

そなたは九天で育った 聞いたことがあろう

私は手段を選ばず身内を守ると

今後私の宮殿の者とには近寄らぬほうがよいぞ

……何この萌えセリフ……emoji
鳳九ちゃんのこともそうだけど、手段を選ばずっていうのが素敵……emoji
そして気苦労が多い星君も、良かったね星君!(笑)

帝君が去ったあとも跪いている素錦に侍女が「なぜここまで下出に?」と不満を言うのに対し素錦が返したセリフも萌えます(ΦωΦ)
帝君は日頃天宮のことに口を出さないけど
ひとたび口を開けば誰も逆らえない
さっきは明らかに怒っていたわ
こういうね、第三者目線で語られるのって大好きなんですよ~emoji

そのあたりのシーン


中国語わからないけど『怒』って字が出ているだけで嬉しくなってしまいます(笑)

狐九ちゃんの傷の手当てを優しくする帝君、手当てしながら「誰しも己の試練がある。神仙でも人間でも乗り越えねばならぬ」と語るのですが、それは狐九ちゃんに言っているようでもあり、自分に言っているようでもあって、この時の帝君の心中を察すると切ないです……emoji

とそこへ天君が。さり気なく自分のお着物で狐九ちゃんを隠す帝君(笑)。天君には一発で狐九ちゃん=鳳九ちゃんとバレますからね!加えて以前に「へぇ~たまたまね~」とからかわれていますし(笑)。

天君の用事は皇太子の立太子礼についてで、もちろん帝君に異論はなく、つつがなく立太子礼が行われるのですが……ん?星君は参列しているのに何で帝君はいないんだ?宮中の些事から離れているとは言え、立太子礼は些事じゃないしむしろ重要な儀式でしょと疑問に思ってたら、お家で狐九ちゃんを抱っこしてなでなでしてました!立太子礼は瑞鳥が飛んだことで確認しただけですか!(笑)
とても分かりやすいですぞ帝君!emoji
次のページ >>
Twitter
絶界演舞 DVD

絶界演舞・完全限定プレス盤
陰陽座
ブログ内検索
アーカイブ
  06    05    04    03    08    07    05    01    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03    02    01    12    11    10    09    08    07    06    05    04    03 
プロフィール
Author : ににぎ
Birthday: 秋の黎明
最新CM
[03/29 ハヤキ]
[01/12 どき]
[12/25 どき]
[09/23 どき]
[09/08 どき]
こっそり祭り開催中

罪の褥も濡れる夜 / 和泉 桂
cv 遊佐浩二 / 神谷浩史
LYNX CD COLLECTION



月と茉莉花 / 佐倉 朱里
リンクスロマンス



是 -ZE- 11 / 志水 ゆき
ディアプラスコミックス



交渉人は愛される / 榎田 尤利
SHYノベルズ



妖奇庵夜話 -空蝉の少年-
榎田 ユウリ
角川書店
バーコード
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI